2012年3月19日月曜日

第13回京都オープリーありがとうございました

新会場の寒梅館ハーディーホールに移っての初オープリーコンサート。
開場前から、全国のカントリーファンが並び、定刻前に開場。



恒例のウェルカムチューンに迎えられ、「今年も来たよ!」と元気な声で声をかけられ、こちらも「お元気で今年もお会い出来ました」と再会の喜びを分かち合いながらスタート。

実行委員会としては今年のオープリーは「化けよやないか」を合言葉に、色々な企画を考えて準備されました。楽器屋さんが2店、CD Shop、ウェスタングッズ、コーヒーShop、そしてギターのリペア、実演コーナーと、ロビーはまるでお祭り会場。そして開演前のステージでは各楽器によるウェルカムミュージックと、二段構えのお出迎え態勢。



そして12時からは、本ステージとは別会場でのスティールギターセッション、ブルーグラスセッションと、会館内どこへ行っても愛するカントリーミュージック、ブルーグラスミュージック一杯の雰囲気の中、総勢1000名のコンサート、最後は全員で「私に人生と言えるものが」を大合唱してフィナーレ。
10月14日の円山コンサート“カントリードリーム”、そして来年3月24日の第14回京都オープリーでの再会を約束して、無事終了しました。



アメリカンルーツ、ブルーグラス、クラシックカントリー、コーラスグループ、ニューカントリー、アメリカンフォーク、オールディーズ、ポップスミュージックの原点を彩るジャンルを心から愛し、演奏し続ける演奏者のその姿とサウンドに温かい笑顔で拍手をしていただく皆様と共に過した一日。今年も心に残る、新生京都オープリーの第一歩となりました。

京都の持つ伝統と先取り感覚を大切に、市民をはじめ、全国の京都オープリーファンと、地域に密着した「Only One」のコンサートを造るために、私たちは頑張っていかなければと、肝に銘じました。ご声援ありがとうございました。

Mandy BarnettとCharlie McCoyをゲストで迎える、10月14日「カントリードリーム」で、皆様と一緒に爆発しましょう。

チケット発売は7月初旬です。

永冨研二

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿